カッピング療法とは…

  • カッピング(吸い玉)療法とは、
    皮膚にカップをあて、その中の空気を抜き、
    皮膚を引張り上げるという健康法です
  •  体内の老廃物、食品添加物や残留塩素、ダイオキシン、排気ガス… 私たちは知らず知らずのうちに余計なもの(毒素)を血液や体にため込んでいます。
     本来、人には代謝機能(呼吸、汗・便・尿を排出する)が備わっておりますが、ストレスや加齢等で代謝機能が低下すると体の中に余計なも(毒素)がたまっていきます
     また、最近は体に良いものを取り入れるという摂取する健康法が多く、多種多様なサプリメント、健康食品があり、栄養素の過剰摂取や偏りも血液を汚してしまう場合もあります。
     東洋医学では血液の循環が滞った状態を「お血」といい、この「お血」を解消することが健康へ導くという考えがあります。
     今、本当に必要なのはプラスすることではなく、体にたまっている余計なものを取り除くこと。これが「デトックス」です。
  •  皮膚は皮膚呼吸を行っています。酸素を取り入れ二酸化炭素を吐き出す呼吸です。皮膚にカップを吸い付けることにより二酸化炭素を強制的に体外に排出し、新鮮な酸素を取り込みやすい状態をつくるのがカッピング療法です
  •  カッピング療法の歴史は大変古いもので、中国では紀元前から使われていたそうです。ギリシャ、古代エジプトでも病気を治す治療としておこなわれていたようです。
     昔は皮膚にカップを吸い付けるためにカップの内部にアルコールや紙などを入れて火を点火して内部を減圧するという方法を取っていましたが、現在は電気作動による真空ポンプを使用しますので安全に行うことができます。
     当サロンで使用しているものは吸引調節ダイヤルによって吸引圧を調節できますので、お客様の体調によって、心地よいと思われる吸引圧で施術することができます。
    カッピングは「ちょっと痛いけど、それが気持ちいい」という「いたキモチい~」という表現がピッタリ。

このような体調不良に効果的

  • 慢性的な肩こり、腰痛
  • 慢性的な疲労・頭痛
  • 睡眠障害
  • アレルギー体質の改善
  • 筋肉痛
  • 冷え性(血行不良)   等々

施術内容と料金

はじめに現在の健康状態などをお聞きします。

背中にカップをあてていきます

■1回目
 背中の経絡にカップを当てていきます。(約5分)
店内イメージ
■2回目
 背中全体にカップを当てます。(約5分~10分)

■3回目
 特に凝っている部分をカッピングしていきます。


※ここまで1クール 施術時間は約20分~30分くらいです。 料金2,000円。
個人差はありますが、カッピング療法は20~30分の施術でマッサージやエステのトリートメントの1時間位の効果が出る時があります。はじめてカッピングをされる方や凝りや疲れがたまっている方は施術後に体がだるくなったりする場合があります。
カッピング療法は時間をかけるよりも定期的に行うことをおすすめします。

追加料金は1クール毎に1500円


カップを外した後の色素反応について

 カッピングをすると皮膚に赤黒い色が現われます。これは皮膚表面の近くに集められた赤血球の色です。実際には赤血球だけではなく他の血液成分や血管、細胞間にあるものなどが膨らみ皮膚表面まで押し上げられています。カップを外すと… 初めてカッピングをされた方は、色素反応を敬遠されがちですが、この色はいつまでも残るわけではありません。通常4日から10日程度で消えます
 現われる色によって体の疲労度も分かります。凝りのひどい部分は固くなったり、濃い紫色になったりもします
カッピングを繰り返すことにより身体の疲労が軽減されていくと淡いピンク色になっていきます